コラム 理学療法士(PT)

理学療法士:全人間的復権

更新日:

今このサイトのページをどのように見ているでしょうか?
パソコンを立ち上げて、ブラウザを起動して?あるいはスマートフォンから閲覧されているのかもしれません。

さらには、どんな姿勢でこのページを見ていますか?
オフィスの椅子に座って、あるいは寝室で寝転んでスマホを眺めているのかもしれません。

これらの動作や姿勢は、ごく自然に、当たり前にやっていることかもしれませんが、世の中にはそれができない人や困難な人が多数存在します。

生きている以上、誰もが病気やケガをします。時には重症で病院で入院したり手術が必要な事もあるでしょう。そのために以前と同じように身体を動かせなくなることもありえますし、年をとれば身体のどこかが不自由になることも当然です。

中には生まれつきなんらかの障害を抱え、身体が不自由な人もおり、そのどれもが人として自然な事であり、特別な事とはいえません。

しかしみんなと同じように身体を動かせないというのは日常生活ではとても不便な事です。可能であればみんなと同じように動けるようになりたいですし、それが叶わなくとも道具などを使って不便を減らしたい

これも人としてごく自然な気持ちです。

そのような気持ちに寄り添い、希望を叶えるための活動を総称して「リハビリテーション」といいます。

リハビリテーションとは障害を抱えた人がそのヒトらしく回復することを目指す「全人間的復権」を意味する言葉です。
一般的には身体機能の回復・改善のために、医師の指示のもとに行われる治療行為を示します。
この治療を「理学療法」といい、これを行う国家資格を持った人を「理学療法士」といいます。

具体的な仕事の内容や「作業療法士」「言語聴覚士」などとの違いはこのコラムで引き続き連載していきたいとおもいます。

この情報が気に入ったら
いいね ! しよう

-コラム, 理学療法士(PT)

Copyright© 【リハナビ】理学療法士・作業療法士・柔道整復師 リハビリ・マッサージ・心理の求人・転職 , 2018 All Rights Reserved.