コラム 柔道整復師

柔道整復師:痛いの、痛いの、飛んでいけ!

更新日:

「柔道整復師」という名前を聞いてもピンとこない人がほとんどだとおもいます。
柔道家?それとも柔道家の身体ケアをする人?そんなイメージがせいぜいでしょう。

街を歩いていると「整骨院」や「接骨院」と書かれたお店、看板を見かけた人は多いでしょう。一方で「○○整体院」や「○○治療院」と書かれたお店もたくさんあります。

この、整骨とか整体とか治療院って一体何が違うんだろう?

この違いを正しく区別できる人がほとんどいないのは少し残念で、改善していくべき課題であるとおもいますが、厳密な違いがあります。

「整骨院」や「接骨院」いわば「骨」と書かれたお店で働いているのが柔道整復師です。
一方の「整体院」や「治療院」はほとんどが柔道整復師ではなく整体師、セラピスト、カイロプラクターなどになります。

「骨」という看板を構えることができる柔道整復師は厚生労働大臣が認めた国家資格です。
その他の看板、整体師などは各専門学校が認めた民間資格になります。

「骨」の看板があるところに行った事がある人はご存じでしょうが

「薬を使わないにも関わらず保険が効く。治療費100円」などの経験をした事があるとおもいます。柔道整復師は投薬や手術は行えませんが、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの医療行為を専門に行う法律で認められた病院ともいえるのです。

骨や関節の対する治療には「観血的療法」と「非観血的療法」があり、柔道整復師が行う治療法は「非観血的療法」になります。簡単にいえば「出血を伴わない治療」といえます。

それでも、普通骨折をすると多くの人は整骨院ではなく整形外科に行くとおもいます。整形外科が確立されたのは明治39年(1906年)ですが、それ以前にも骨折や脱臼はあったはずです。人類誕生と共にある怪我といえます。日本ではその治療は「ほねつぎ」と言われていますが、「ほねつぎ」には神話時代にさかのぼる古い歴史があります。

「古事記」という伝承を集めた書物が712年に編集されていますが、そこに接骨術の記載があり、奈良時代の718年には「養老律令」なる医療に関する律令の中に骨や関節の損傷についての記載があり、この分野の専門職は「按摩」という職名で按摩生、按摩博士、按摩士などがいたそうです。それぞれに学生、教師、医療従事者でありました。

さらに時代を経て戦国時代には負傷者が続出したことから、戦場での傷の手当ての必要性から人体についての解剖学、生理学、整骨術的な知識や技術が育まれ、それが「柔術」となり伝承されていくことになりました。

幾多の時を経て、明治維新による欧米化で、医療制度も国家的改革が進められ、従来から接骨、整骨を生業にしていた者に届け出や試験により「接骨科医術開業免許」が与えられていくようになりました。

おおまかにはこのような歴史があり、日本における整形外科のルーツは柔術の骨つぎ術にあります。
整形外科と柔道整復術は双子のような関係にあるといえます。

柔道整復術はすべて手技による施術です。
手技のみで身体が元の正常な常態、バランスを正常に戻るように整復します。
それにより自然治癒力が最大に生かされ、バランスが矯正され元の状態に戻る、治癒していくのです。

このような治療術は世界でも類をみないもので、国連機関のWHOでは「ジュードー・セラピー」として評価されています。
また、国から医療として認められている柔道整復師がいる整骨院では保険が利きます。

このように柔道整復師は日本固有の伝統治療です。次世代に残すためにも今後益々の発展が期待されている分野といえます。

さらに、高齢化社会の現代、柔道整復師の活躍できるフィールドは拡大の一途をたどっています。整骨院や接骨院に勤めたり開業するだけでなく、スポーツトレーナーや、医療、介護分野でのリハビリテーションに携わる治療家としての需要が急増しているのです。

柔道整復師は将来の社会のニーズに合う仕事といえます。
医療、治療を通じ人や社会に貢献したい人にとって医師や看護師といった分野以外の切り口で貢献できる、とてもやりがいのある仕事なのです。

この情報が気に入ったら
いいね ! しよう

-コラム, 柔道整復師

Copyright© 【リハナビ】理学療法士・作業療法士・柔道整復師 リハビリ・マッサージ・心理の求人・転職 , 2018 All Rights Reserved.